2013/06/10

Tiny Tiny RSSのプラグインなども作っています

Tiny Tiny RSS自体があまりメジャーではないと思いますので、まずはそこから。
「Google Readerみたいなやつです。詳しい説明はここで!
「オンラインニュースリーダー」という言葉で説明されていましたが、要はRSSリーダーです。
RSSリーダーをオンラインに置いて何が嬉しいかというと、未読アイテムがサーバーで一元管理されるため、電車の中でスマホで読んだ後、家ではブラウザでその続きから読む、ということが出来、同じ記事を何度も読まなくてすむわけです。

で、自分はGoogle Readerと、その目下最強Android用Google ReaderクライアントであるgReaderPro)をこよなく愛用していたのですが、サーバーであるGoogle Readerが終了してしまうというときに、gReaderの作者さんがいち早く対応したのがTiny Tiny RSSというわけです。

Tiny Tiny RSSは自分のサーバーにインストールするタイプということで、めんどくさい所はあるのですが、その分自由が効くのでプラグインの開発やバージョンアップなど、作者さんの周りのコミュニティ活発に行われています。

で、自分が作ったプラグインですが、GitHubで公開しています
ttrss-af_fullfeedという名前ですね。

RSSフィードを取得するときに、フィードで配信している内容だけではなく記事本文を取得するプラグインです。
現在のところ以下のサイトで動作を確認しています。

  • asahi.com
  • atmarkit.co.jp
  • impress.co.jp
  • itmedia.co.jp
  • nikkeibp.co.jp
  • rbbtoday.com

itmediaなんかは構造が同じようなサイトが他にもあったりして、別のサイトでも本文を拾って来たりすることがあります。なんででしょうね。


Tiny Tiny RSSとgReaderの結合は残念ながら芳しい結果ではなく、現在のところ使いものにならない状態ですが、ひとまずGoogle Readerからの引越し先が決まったので、自分としては一安心です。
わざわざRSSリーダーのために自鯖を立てたくないという人は、RedHatが提供しているOpenShiftというPaaSが無料プランでTiny Tiny RSSのデプロイに対応しているので、試しにやってみるのもいいのではないでしょうか。

0 件のコメント: