2013/07/04

ダンボー版が手に入らなかったのでむしゃくしゃして中の電池を買った。後悔はしていない。

タブレットユーザーにとって、5V 2Aの出力があるモバイルバッテリーはまさに必需品なわけなのですが、5V 2Aと5V 1Aの出力ポートがあってさらにダンボーの形をしているというモバイルバッテリーはまさに狙い澄ましたかのようにきんどらーさんのハートを直撃したのですが、注文したつもりがコロッと忘れていて、ふと気がついたら定価3750円の品が1万円超えで取引されていました。


でもなんだか5V 2Aと5V 1Aの出力があるモバイルバッテリーが欲しい気持ちがまとわりついて離れなかったので、OEM元のマルチデバイス対応 cheero Power Plus 2 10400mAh (ブラック)を注文してみたわけですが、そもそもインドア派のきんどらーさんはあまりモバイルバッテリーを使う機会に見舞われません。
でも買ったのに使わないのもなんですので、電池消耗の多いテザリングを想定したネットワークを構築しました。
左からスマホ--USBテザリング--無線LANルーター(有線ポート有)--給電--モバイルバッテリー
ここでのポイントはUSBテザリングですね。
これにより、ルーターに給電するだけでなく、スマホに充電しつつテザリングが可能となり、さらに!Wi-Fiをテザリングに使用しなかったおかげで、テザリング元の回線に高速かつ無料(あるいは安価)なWi-Fiを選択できるのです!!
さらにルーターの有線ポートにスイッチングハブを繋げば、そこはもう・・・プライベートネットワークです。普通の。
プライベートビーチとかとは言葉の響ランクがやけに低い気がしますが。

キャリアが用意しているWi-Fiにスマホで繋いでがんがんインターネットをしたら良いんじゃないですかね。ええ。
もう、家のインターネットもこれで済ませちゃうとか。
電話はBluetoothのイヤホンマイクで受けるとかして。

ところで、Xiのデータ通信端末で構成すると、こんな感じになりますが、なにかを思い出させるような・・・いや、そんなことないかな。

iX ここに眠る・・・
ダンボーさん在庫復活してますね。テンバイヤーを大量キャンセルしたりしたのでしょうか?
8月かぁ・・・届くの楽しみだなぁ。

じゃあ、一通り揃えておきましたので、ええ。なんと1セット1万5千円ぐらいでそろっちゃうんですね。どこぞのキャリアだったら「無線LAN基地局」呼ばわりしちゃう構成ですよ。


0 件のコメント: